セラーノ の商品の中で最も製造期間が短く、最も製造に気を使うロンガニーサです。

羊の腸を使用しておりますが、とても薄いのでケーシングが破けてしまうことがあり、気を使います。製造現場ではロンガニーサを作るぞ、となるとうわぁ〜大変だ(嫌だな笑)との声が上がります。。そんなちょっとした苦労もありの商品ですが、’本場’からの輸入品でさえあまり見かけないので、認知度が低く、なんとな〜く先細り感。

 

 

しかし、このロンガニーサ、万能で美味しいのです。味はセラーノ のチョリッソと同じ系統。基本は加熱調理する腸詰で、スペイン料理ではスープなどの料理の味付けに使います。パエリアに入れても良いでしょう。特徴はパプリカ、脂の旨味がにじみ出た肉汁。一番のおすすめはホイル蒸し焼き。パンとフライドエッグを添えて。朝ご飯にも、バーベキューにも、夜のつまみでも活躍します。

興味をお持ちいただけましたらおまかせセットでご要望いただければご用意いたします。