【材料】

サラダ用ほうれん草 

タマネギ(好みで)

ズッキーニ

チョリッソ(ノーマル又はスペシャル)

--ドレッシング--

オリーブオイル

ライム

マスタード

胡椒

蜂蜜(砂糖)

 

【作り方】

1. 材料をカットする。ほうれん草は適当な大きさに、ズッキーニ、チョリッソは薄めに(2〜3mm)スライスする。タマネギはスライス、水にさらす。

2. 卵は黄身を好みの固さに茹でる。

3. ドレッシングは材料を混ぜておく。

4. ズッキーニをフライパンで軽く焼き色付けて火を止め、少し経ってからチョリッソを投入して温める。

5. 皿に盛り付けしてドレッシングを回しかけたら出来上がり。

 

2016年の夏は猛暑と言われていますが、どうなるのでしょうか。暑いと冷たいものを食べて済ませがちになりますが、サラダでも冷たいだけでなく、温も取り入れた方が身体が元気になる気がします。

夏の食材を楽しみながらうまく乗り切りたいですね。



【材料】
卵 
生クリーム
チョリッソ

胡椒

【作り方】
1. 必要量の卵をボールに割り入れかき混ぜる。塩胡椒で整える。(塩は少なめ)
2. 鍋にお湯を沸かし、その上にステンレスボールや鍋をのせて湯煎(蒸気)でかき混ぜながら卵に熱を通す。固くなる前に熱からおろしてお好みの量で生クリームを加えて、滑らかにする。
3. 容器に移しチョリッソを添えて出来上がり。

写真では少しおしゃれなカクテルフード風の演出にしてみました。この場合は一口サイズの容器に入れて冷やしておきます。
もちろんできたてを朝食にパンと共にいただくのも良いと思いますので、その場合はチョリッソを少し粗めにきざんでスクランブルエッグの上に散らしてお召し上がりになると、いつものスクランブルエッグが少し贅沢になります。




【材料】3−4人分
カボチャ 1/4
ひよこ豆缶詰 1/2 
チョリッソ 適宜
クラッカー 適宜
パセリ
ニンニク 1/2片
オリーブオイル 大さじ3〜5
レモン汁 小さじ1
塩 
胡椒


【作り方】
1. カボチャをレンジもしくはオーブンでローストして柔らかくする
2.ひよこ豆、カボチャ、オリーブオイル、ニンニク、レモン汁、塩、胡椒でフードプロセッサーまたはミキサーにかける。味を整える。
3.クラッカーにディップをのせ、1−2ミリの厚さに切ったチョリッソを添える。お好みでパセリを加えて出来上がり。

カボチャとチョリッソの相性のご紹介です。人の集まるこの季節にもぴったりなレシピで、暖色のカボチャとチョリッソなので元気も出ますね。このようなディップ以外にもカボチャスープにチョリッソを加えたり、炒めたり、いろいろと出来そうです。お試し下さい。