生ハムを家庭で上手に使いこなすようになってきたようです。ブロックで購入される方が増えてきているので、最後まで出来るだけ美味しくいただけるように保存方法をご紹介いたします。

基本的に生ハム原木の場合、湿度・温度が一定に保たれる場所で保管されることを期待されていますが、生ハムブロックの場合、原木よりカットされ、原木のように脂で保護されることなく、空気にさらされてしまうので味の劣化(酸化)は早いといわざるを得ません。
弊社では真空パックを開封後はなるべく早くお召し上がりいただけるようにお勧めしております。とはいえ、大事に食したいものですよね。

気をつけていただきたいのは「乾燥」と「酸化」です。これを防ぐにはどうするか、ということです。

今のところお勧めするのは冷凍庫での保存です。
開封後、再び保存をする際、ラップで包み(匂いや酸素を通さない)、さらに保存用の冷凍バッグもしくは容器に密封(乾燥から守る)して冷凍庫に入れてください。

再度使う時、容器から取り出し、ラップをはがし、冷凍状態のままペーパータオルか何かで押さえながらスライスすると良いでしょう。特に薄くスライスしたいときは冷凍してあるほうが薄く切れます。厚めに切りたいときなどは少し待ってからスライスしてください。そして食するのは常温になるまで待ってください。

最後に、どうしても使い切れなかったときなどはブロックをダイス状にカットしておつまみにするなり、こちらのレシピ集でダシとして使えるレシピがありますので参考にするなりしてください。味が変わってしまっただろう、といってどうか処分しないでくださいね。大事に使い切って欲しいと思っています。乾燥してしまった、又は酸化してしまった、といった時もお料理のダシとしてなら十分に使えるはずです。