【材料】
ジャガイモ(中) 4個
玉ねぎ 1/2個
卵 6個
チョリッソ 5cm
パセリ(お好みで)
オリーブオイル 大さじ2
塩・コショウ

【作り方】
1.玉ねぎを薄くスライスする。
2.ジャガイモは皮をむき、2cm角にカットする。
3.大さじ1杯のオリーブオイルをテフロン加工のフライパンに入れ、玉ねぎを透き通るくらいに炒め、次にジャガイモを入れ、味を整えながら炒め煮にする。
4.3の調理の間に、卵をボウルに割りいれて混ぜ、小さく刻んだチョリソ、お好みでパセリも加えておく。
5.3.のジャガイモが少し崩れる程度まで柔らかく炒められたら、火からおろして溶き卵の入ったボウルに入れてかき混ぜもう一度塩コショウで味を整える。
6.先ほどのフライパンに大さじ1のオリーブオイルを入れてボウルの中の具材を戻しいれる。(弱火〜中火で焦げ付かないように)
7.表面が固まりかけてきたところで大きなお皿をフライパンにあてて勢い良くひっくり返しそのまま戻しいれる。
8.さらに固まるまで蓋をして火を通します。
9.卵が固まれば出来上がりです。

ジャガイモと卵だけのトルティーリャはあっさりした味も良いですが、少し濃い味を求めるときにはチョリッソを入れたトルティーリャをどうぞ。


【材料】
4人分
押し麦:30g
きゅうり:1本
黄パプリカ:1/2個
トマト(中):1個
ケイパー:10粒程度
黒オリーブ:10粒程度
サラミ(サルチチョン):スライス4〜8枚
マグロ(生食用):50g(飾りつけ)
オリーブオイル:大さじ2杯
塩・こしょう:適量
レモン果汁:1/2個
タバスコ:少量

【作り方】
1.沸騰したお湯に押し麦を入れて膨らむまで茹でる(中火で20分くらい)。
2.押し麦に下味をつけるジュースを作ります。
 −トマトの果汁部分をスプーンで取り出します。
 −ボウルに先ほどのトマト果汁、レモン果汁、タバスコ、塩を入れて混ぜ合わせます。
3.茹で上がった押し麦の水気を切り熱いうちに先ほどのボウルに入れて混ぜ合わせ粗熱をとり冷蔵庫で冷やします。
4.きゅうり・黄パプリカ・トマト果肉を0.5cm角に切る。
5.黒オリーブは輪切りにし、ケイパーは粗みじん切りにする。
6.サラミは0.3cm程に薄切りする。
7.マグロを中まで火が通らないように両面焼き、サラミと同じ大きさくらいにカットし、レモンと塩で下味をつける。
8.冷やした押し麦にサラミ・マグロを除いたその他の材料を入れ、オリーブオイルと塩コショウで味を整える。
9.サラミ・マグロを盛り付ける。(サラダに混ぜてしまっても構いません)

酸味がきいて夏にぴったりなサラダです。
フランスの料理サイトを参考にしましたが、フランスではクスクス(Taboule)サラダとして紹介されています。日本の身近な食材で代用できないかと考えました。
私たちのサラミは単体で食べると意外とあっさりしている印象を受けますが、他のさっぱりとした食材とのハーモニーの結果、薄切りでも濃厚な深い味わいが引き立てられています。



【材料】
パン
トマト
オリーブオイル
生ハム
塩・コショウ

【作り方】
1.パンをこんがりとトーストする。
2.トマトを1/2にカットしてカット面をパンにたっぷりとこすり付ける。

3.適宜生ハムとトマト果肉を盛り付け、塩(生ハムがあるので少なめ)・コショウで味付けし、オリーブオイルをかける。

お好みでにんにくを加えると美味しく召し上がれます。その場合はトーストしたパンに最初がにんにく(にんにくの片をトーストにすりつけます)、次がトマトです。